『こびき』、最近では耳にすることも無くなった言葉です。その起源等については、また別の機会に述べようと思いますが、おそらく南北朝時代以降の、中世〜近世にかけてです。いわば、木を挽く職人の事を指します。弊社も現社長で5代目、私で6代目となります。 
クリックしてください 私の祖父の時代までは、大鋸(写真左)を使っていたと聞きます。
 コシイレの跡、桐でできた柄、またそれに残っている手跡、それを見ると以前の『木挽きの時代』その風景が、祖父、父から伝え聞いた話と共に想像できるようです。

クリックしてください!

 実は、こびきや、というのは屋号です。技術革新が進み、めまぐるしい早さで進んでいく時代の中で、改めて、『古きをたずねて、新しきを知る』温故知新の気持ちを忘れないで行こうとの思いを込めております。

 
 また、お近くに、いらっしゃることがあれば、気軽にお立ちより下さい。木の話、木挽きの話等、いくらでもあります(笑)

戻る

むかしのお話

〒699−0102
島根県八束郡東出雲町下意東1636−1
TEL    0852−52−2233
FAX    0852−52−2234
E−mail  kobiki@kobiki.co.jp
株式会社 こびき屋