材木・無垢材・建築材料の通販ならぜひご利用ください

CATEGORY

×

CATEGORY

CATEGORY 

CONTENTS

CALENDAR

ホーム»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

木材博士になろう! ~ 杉 part2 ~

前回の杉についてはこちらから




前回に引き続き、杉についてお伝えしたいと思います。


■ なぜ日本に杉が多いのか

日本で杉の植林が始まったのは、約500年前の室町時代で、全国的にたくさん植えられるようになったのは江戸時代からといわれています。

戦時中は多くの木が伐採され、戦後は復興や経済発展、防災の観点から大量の木材が必要となりました。そこでたくさん植えられたのが、杉です。なぜならば、杉は成長が早く、まっすぐ高く伸びて加工がしやすい為です。当時植えられた杉は現在、木材として適した時期を迎えていますが、海外の安い木材が増え、木造家屋が減少し、木よりもプラスチック材など便利な素材が増えてきた為、伐採されることが減ったのも杉が多い原因といえるでしょう。


■ 杉が多いと考えられる懸念


それは花粉です!
杉の花粉症でお悩みの方も多いのではないでしょうか。日本人の約3割が杉の花粉症といわれているそうです。春になると辛いですよね… その花粉対策のひとつが、杉の伐採や”無花粉杉”を植えるということがあげられます。”無花粉杉”は1992年に富山県で初めて発見されたそうですよ!無花粉の杉が増えたら、花粉症でお悩みの方も春が楽しみになりますね♪



以上、「なぜ日本に杉が多いのか」「杉が多いと考えられる懸念」をお伝えしました。
杉の特徴を活かしつつ、考えなければいけない課題もあるということがわかりましたね。
木材は、循環型資源であり「再生が可能である」という素晴らしい特質を持っていて、伐採した木を有効活用することが大切です
  なので私はまず、身の回りの物をプラスチック製品から木製に変えるなど、木を暮らしに取り入れることから始めたいと思います 

杉の商品はこちら



 

----------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL:0852-52-2233
----------------------------------------------------

2024-05-23 11:05:24

コメント(0)

木材博士になろう! ~ 杉 part1 ~




北海道から九州まで日本各地に生息している杉。日本人にとって、馴染みのある木のひとつではないでしょうか。こびき屋にもたくさんの杉の丸太があり、こびき屋のオススメ木材として杉を紹介してきました。そんな杉の魅力をもっと知っていただきたいと思います!


■ 杉について


杉(Cryptomeria japonica)は日本固有種であり、成長が早く、まっすぐ高く伸び、加工しやすい柔らかい木質を持ち、調湿効果があり、腐敗やカビにも強いのが特徴です。

その歴史は古く、縄文時代まで遡ります。

遺跡を調査すると、埋没林や木材片として杉が発見され、家や家具、彫刻、工芸など、さまざまな物に加工され、使用されてきたことから、杉は昔から❝日本人の暮らしを身近で支えてきた木❞ということになります。杉の木は日本人にとって、とても馴染みがあるんですね 


縁結びで有名な出雲大社(島根県出雲市)は、古代は高さ40mを超える空中神殿だったという説はご存知ですか?実は、2000年代には出雲大社境内から鎌倉時代のものと推定される、直径約1.35mの巨木を3本束ねて1つの柱とした遺構が発掘されました。「宇豆柱(うずばしら)」というそうです。その「宇豆柱(うずばしら)」は出雲大社に隣接している、島根県古代出雲歴史館にて見ることができます。そんな大きな木があるの?!と今では考えられませんよね 

しかし、島根県大田市にある「さんべ縄文の森ミュージアム」には、約4000年前の縄文時代の杉の巨木群が展示されており、大きさは直径約2mにもなるそうです。そう考えると、空中神殿も造ることができたのではないかと思いますよね 



■「〇〇杉」をいくつご存知ですか?

秋田杉(秋田県)、金山杉(山形県)、気仙杉(宮城県)、山武杉(千葉県)、天竜杉(静岡県)、越後杉(新潟県)、北山杉(京都府)、吉野杉(奈良県)、熊野杉(三重県)、智頭杉(鳥取県)、魚梁瀬杉(高知県)、鬼頭杉(徳島県)、小国杉(熊本県)、屋久杉(鹿児島県)

まだまだ紹介しきれていませんが、日本三大美林(天然林)の秋田杉や、屋久杉が有名ですよね!現在、屋久杉は伐採ができないので、出回っている材は希少価値が高いそうですよ!
また、杉は各地で特徴も異なり、例えば、寒い地域で育った杉は成長がゆっくりで木目が細かい、暖かい地域で育った杉は成長が早いなど品種や環境条件により多様性があります。
知ればしる知るほど杉はおもしろいですよね 


次回part2では、「なぜ日本に杉が多いのか」をお伝えしたいと思います!
お楽しみに~



杉の商品はこちらから


 

--------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL:0852-52-2233
--------------------------------------------------

 

2024-05-17 17:18:12

コメント(0)

第5回 ウッドデッキをDIYする時の心得




いよいよウッドデッキをDIYしたくなってきたのではないでしょうか?!
そんな皆様にウッドデッキをDIYする時の心得をご紹介したいと思います。


1.計画をしっかり立てる
デッキのサイズ、形、配置、使用する材料などを計画し、必要な材料や道具をリストアップしましょう。

2.地面の準備をする
デッキを設置する前に、地面を平らにし、草や土、石などを取り除きます。
必要であれば地面をコンクリートにしましょう。

3.安定した基礎をつくる
デッキの基礎は非常に重要です。基礎がしっかりしていないとデッキが崩れる恐れがある為、コンクリートの束や水を遠ざけるためのパッキンを使用します。

4.材料の選択
デッキに使用する木材は、屋外での使用に適した耐候性のある材料を選ぶことが重要です。杉やヒノキ、防腐処理された木材などがよく使われます。

5.正確な測定とカット
デッキの美しさや安定性を向上する為に、正確な測定とカットが必要です。

6.適切な取付
デッキを組み立てる際には、ネイルやスクリューを使ってしっかりと固定することが大切です。

7.保守管理を考える
完成後もウッドデッキを美しく保つために、定期的なメンテナンスが必要です。

8.イマジネーション
創造は自由です!ウッドデッキライフをエンジョイしましょう!





ワンポイントアドバイス

ウッドデッキを美しく保つためには、定期的なメンテナンスが必要とお伝えしてまいりましたが、その中でも特に塗装は重要だと考えます。使うものも安心安全な塗料を使用したいですよね  そこでこびき屋がオススメしているのが「自然健康塗料リボス」です。
「自然健康塗料リボス」とは、ドイツに本社を構えるリボス社が開発した塗料で、「健康に害のある成分は天然物でも使用しない」というコンセプトのもと作られた、アレルギーにも対応した塗料です。木の呼吸を妨げない為、木材を健康な状態で保つことができます。

☆ オススメ塗料 ☆
カルデット → 木目を活かしたカラーオイル(全10色)
タヤエクステリア → 日本の環境に合わせて作られたカラーオイル(全16色)
デュブノ → 上記2つの下塗り用オイル(割れを防止します)


第5回に分けてお伝えしてきたウッドデッキについてでしたが、いかがでしたでしょうか?
少しでも「ウッドデッキをDIYしてみようかな」「DIYは無理だけどウッドデッキ欲しいな」と思っていただけたら、うれしいです!

こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
こんな寸法のデッキ材が欲しい、この樹種のデッキ材が欲しいなど、お気軽にお問い合わせください 



デッキ材の購入はコチラ





 

----------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL:0852-52-2233
----------------------------------------------------

2024-05-10 14:53:21

コメント(0)

第4回 材木屋が考えるオススメ木材






木材にもいろいろな種類があり、「広葉樹(ハードウッド)にするか」「針葉樹(ソフトウッド)にするか」など迷いますよね。こびき屋は圧倒的に「針葉樹(ソフトウッド)」をオススメします!
今回はその理由とオススメ樹種をご紹介します。




◇針葉樹(ソフトウッド)をオススメする理由

1.コスパが良い!
スギやヒノキは国産材が多い為、供給が安定しており、比較的に1本から安く手にはいります。
また耐久性も良く、メンテナンスも容易に行えます。

2.加工しやすい
針葉樹は軽く、材質が柔らかい為、初心者でも加工がしやすく、手軽にDIYが楽しめます。

3.ケガをしにくい
針葉樹は材質が柔らかい為、万が一転んでもケガをしにくいです。
また、ささくれが出来にくく素足で歩いても比較的に安全です。仮にささくれても、補修を比較的簡単に行えます。



◇針葉樹(ソフトウッド)のオススメ樹種

1.スギ
針葉樹の中でも特にオススメなのがスギです。
軽く、柔らかい為、加工がしやすいのが特徴です。
また、針葉樹の中では耐久性もあり、塗装などのメンテナンスを定期的に行えば長く楽しむことができます。
ホームセンターで1本から安価に購入できるのも嬉しいですよね!

2.ヒノキ
ヒノキは古くから神社仏閣の建築物に使用されており、耐久性もあります。
材質も柔らかい為、加工がしやすく、DIYが初めての方でも施工がしやすいです。
価格はスギより高価ではありますが、ハードウッドと比較すると安価で、メンテナンスも行いやすいです。


南洋系などのハードウッドは耐久性があり、腐食に強いメリットがありますが、DIYをするには重く硬い為、下穴をあけるなどの下準備や、専用の工具やビスなど買い揃える必要があり、時間もコスパも加工もなかなか大変です。
また、細かなささくれが発生しやすく、雨などで濡れると滑りやすくなるため、小さなお子様がいるご家庭では危険な場合があります。
ネットでよく見るウッドデッキおすすめ木材の「セランガンバツ」や「サイプレス」など外国産材は高価で、入手先は主にネットでの購入となり、メンテナンスをするにもお金と時間が必要となります。


針葉樹(ソフトウッド)と広葉樹(ハードウッド)が持つ特徴を理解し、それぞれのメリットとデメリットを考えながら、適材適所で使用する木材を決めたいですね 



デッキ材の購入はコチラ


こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
こんな寸法のデッキ材が欲しい、この樹種のデッキ材が欲しいなど、お気軽にお問い合わせください 




 

---------------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL 0852-52-2233
---------------------------------------------------------

2024-05-07 09:52:39

コメント(0)

第3回ウッドデッキを木材にするメリット





今やウッドデッキは木材だけではなく、合成デッキ材などの人工木材が多く販売されていますよね。
各特性を考えて決めていきたいところですが、木材で作るには、”第2回ウッドデッキの必要性”でもお伝えしたとおり「定期的なメンテナンス・コスト」が必要になります。それでもウッドデッキを木材にするメリットはなんでしょうか。


◆ウッドデッキを木材にするメリット

1.自然な見た目
いろいろな木目があり、節があり、特に無垢材は一つ一つ個性がありますよね。
エイジングを楽しめるのも木材ならではです。

2.温かみと快適さ
木材は触れた時に温かみを感じさせ、裸足で歩くと気持ちが良いです。
夏場の人工木材やタイルなどは熱を蓄えやすく、輻射熱でとても熱く感じてしまいます。

3.カスタマイズ性
加工がしやすい為、お庭の形状や希望のデザインに合わせて
自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

4.環境へのやさしさ
木材は加工後も成長過程で蓄えた二酸化炭素を固定しています。
また、木材は循環型資源であり「再生が可能である」という素晴らしい特質を持っています。

5.メンテナンス性と耐久性
適切にメンテナンスを行えば、長期的に耐久性が持続します。
また、必要に応じて修復やメンテナンスを比較的簡単に行うことができます。
特にスギやヒノキは身近に手に入りやすく、加工もしやすい為、DIYが初めての方でも簡単にできます。


以上となります。

ちなみに私は家を建てる時にウッドデッキを作りました。
材料は人工木材にしました。
なぜかというと私の性格上、定期的なメンテナンスが出来ないと思ったからです(主人は木材推しでした…)
私が思う人工木材のメリットは

 メンテナンスの必要があまりないこと
 汚れたら高圧洗浄機でガンガン洗えるところ(自己責任でやってます
デメリットは、とにかく夏場は熱い!!本当に!素足で歩くとか無理!ってぐらいすごく熱いんです。
私的に人工木材にして後悔はないですが、木材が持つ温かみ、香り、樹種によっては安価に手に入り、メンテナンスができる点は人工木材にはない羨ましいステキなメリットですよね



第4回ではオススメ木材をご紹介します!お楽しみに


デッキ材の購入はコチラ


こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
こんな寸法のデッキ材が欲しい、この樹種のデッキ材が欲しいなど、お気軽にお問い合わせください 





 

---------------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL 0852-52-2233
---------------------------------------------------------

 

2024-04-30 10:52:57

コメント(0)

第2回 ウッドデッキの必要性






●自宅にウッドデッキを作るメリットとデメリット


◇メリット

1.居心地の良い空間
心地良い日差しを浴び、日光浴を楽しんだり、自然や風を感じたり…
アウトドア用のリクライニングチェアを置いたら最高にリラックスできますよね!!
家の内外の境界線をぼかして、広く見せる効果もあります。

2.家族や友人との交流
バーベキューやパーティーを楽しむ場所として大活躍すること間違いなし!

3.自然を感じる
上記でもお伝えしましたが、自然を感じ、お庭や景色を楽しみ、癒される最適な場所となります。
朝、自然を感じながらウッドデッキでコーヒーを飲んだり、読書をしたり… そう、楽しみ方は無限大!


◇デメリット

1.定期的なメンテナンスとコスト
ウッドデッキは定期的なメンテナンスが必要です。
塗料やシーリング材の塗り替え、木材の補修などのメンテナンス費が発生します。

2.耐久性
天候や虫、腐食などの影響を受けやすく、特に湿気の多い地域では木材の劣化が早く進む可能性があります。


以上、ウッドデッキを作るメリットとデメリットを紹介しました。
ちなみに私は家を建てる時にウッドデッキを作りました!
アウトドアな我が家は本当に作ってよかったです♪
お庭でバーベキューをしたり日向ぼっこをしたり…
ウッドデッキを作ることにより家の中とお庭の行き来がしやすくなるように思います

それに、よく子供はウッドデッキからお庭に裸足で出て芝生の上で遊んでいるので、子供にとっても良かったかなと思います


木材で作ったか、人工木材で作ったかは、次回のウッドデッキを木材にするメリットにて!


デッキ材の購入はコチラ 


こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
こんな寸法のデッキ材が欲しい、この樹種のデッキ材が欲しいなど、お気軽にお問い合わせください 





 

-------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町1636-1
TEL 0852-52-2233
-------------------------------------------

2024-04-26 12:04:45

コメント(0)

第1回 歴史を知ろう!

■ウッドデッキをDIYしよう!
家を建てる時に「ウッドデッキを作るかどうか」悩まれる方も多いのではないでしょうか。
作るとしても「自分で作るか」「業者に頼んで作ってもらうか」「材料は何にするか」悩みは尽きないですよね。
今回はウッドデッキをDIYしたい!と思ってもらえるように、第5回に分けて魅力をお伝えしたいと思います。



■第1回 歴史を知ろう!





●ウッドデッキの歴史

ウッドデッキは、1960年代後半から1970年代初頭にアメリカの西海岸やハワイなどで、屋外のリラックススペースとして広く普及したそうです。
特にウッドデッキが盛んな国は、アメリカやカナダ、オーストラリア、ニュージーランドが挙げられます。

また、ウッドデッキの人気が急速に広まったのは、「使いやすいさ」と「デザインの自由度」にあります。
木材は取り扱いが比較的安易な為、様々な形やサイズに加工できることが魅力のひとつです。

そんなウッドデッキが日本で普及し始めたのは1980年代で、日本で広くウッドデッキが受け入れられたのは、「縁側文化」があったからだと考えられます。
縁側って気持ちいですよね!ドラマ「ホ〇ルノ〇カリ」を見て、木の上でゴロゴロ…気持ちよさそー 羨ましいなーと思っていました。

また、現在では合成デッキ材やプラスチック材なども導入され、使用用途や趣向に応じて各特性を活かした選択ができ、楽しめるようになったそうです。

ウッドでデッキは世界中で楽しまれているんですね!

第2回ではウッドデッキの必要性についてお伝えしたいと思います♪
お楽しみに


デッキ材の購入はコチラ

こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
こんな寸法のデッキ材が欲しい、この樹種のデッキ材が欲しいなど、お気軽にお問い合わせください 




 

-----------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL:0852-52-2233
-----------------------------------------------------

2024-04-24 17:12:21

コメント(0)

材木屋が考えるDIYのコツ


diy

DIY = Do It Yourself の略
世界でたった1つの”自分で作ったオリジナル作品”ができる!
ステキですよね♪
そんなDIYの”コツ”を本日は紹介します☆


1.計画を立てる
どのように進めるのか計画を立てましょう!必要な材料や道具をリストアップし、手順を確認しておくことが大切です。

2.安全を最優先に
DIYを行う際には、安全を最優先にしましょう!安全メガネや手袋を着用し、作業スペースの確保&整理整頓をしましょう。

3.正しい道具を使用する
DIYに適したどう道具を使用しましょう!作業がスムーズに進み、品質が向上します。

4.手順に従う
説明書や参考動画を確認し、手順を理解し、実行しましょう!

5.練習と忍耐
DIYは習得に時間がかかる為、最初はうまくいかないこともあるかと思います。諦めずに練習と忍耐を持って取り組みましょう!

6.失敗を恐れない
失敗は成功のもとです。失敗したとしても臆せずにチャレンジしましょう!

7.質問する
わからないことがあれば、ネットや動画などで検索しましょう!

8.楽しむ
これ、1番大事ですよね!DIYは創造力を発揮し、新しいことにチャレンジできる素晴らしい機会です!
新しい自分を発見できるかも?!


 

ワンポイントアドバイス

木材にはたくさんの種類があり、どの木を使ったらいいか決断しにくいと思います。
そんな迷った時にオススメなのは…『  』です
なぜならば価格も安価で、耐久性もあり、施工もしやすく、寸法特注にも柔軟に対応可能と財布にも優しい万能な木材なんです!
杉の学名は”Cryptomeria japonica(クリプトメニアジャポニカ)”といい、
クリプトメニア=隠された宝 という意味を持ちます
その名の通り、杉は日本の隠れた宝です

杉の特徴やオススメ用途などコラムもありますので是非見てみてください♪


こびき屋では木に関する豊富な知識と経験を持ったスタッフがアドバイスさせていただきます!
インターネットショッピングにアップされていない木材もたくさんあるので、お気軽にお問い合わせください



 

------------------------------------------------
株式会社こびき屋
島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL:0852-52-2233
-------------------------------------------------------

2024-03-26 14:44:11

梁がらみ

梁と梁をカラム材。これも、組み方により『上木』と『下木』がある(それ以上に、昔の建物は、上下入り組んでいる物もある)本梁と本梁をカラム材を、『本梁ガラミ』、小屋梁と小屋梁をカラム材を、『小屋ガラミ』と呼ぶ。

梁がらみ

2021-01-19 11:51:41

コメント(0)

本梁・小屋梁

本梁

妻梁より内側に位置する材。小屋束から伝わる垂直荷重を受ける。
最近では角材が使われることも多いが、上端にムクリのある、松丸太もよく使われ、組み方により『上木』と『下木』がある。(太鼓や八面取にするのは、墨付けを容易にするためと、もうひとつ重要な、木に水分をこもらせないようにするため。白太のついた丸太には水分がこもり、腐れに弱くなる。土場に丸太と製材した角材を放置しておくと、明かに丸太の方が早く腐る。ちなみに、磨き丸太もよく使われるが、手間の面からも、太鼓がローコスト!)また、本梁は部屋の間境に置き、回転力がおきないよう、桁間に通り良く組んでいきたい。

小屋梁

妻梁と本梁の上に位置する。上に行くにつれ、二の小屋、三の小屋・・・と呼ぶ。
古民家などをみると、念入りに四の小屋辺りまで組まれている物もある。小屋梁は、束が長くなり過ぎないように、また屋根の水平剛性を保つよう組まれており、正しい和小屋の組み方であれば、束を上下通すため荷重は、ほば受けない。
ただ、最近はコスト削減のためせいぜい組まれても二の小屋までだが、軸組み表しの設計であればその意匠性の面、構造の美しさからも、しっかりと組みたい。

本梁・小屋梁

2021-01-19 11:50:24

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

お問い合わせ

気になる点がございましたら、
お気軽にご連絡ください。
業務用などのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ先:こびき屋

営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日