材木・無垢材・建築材料の通販ならぜひご利用ください

CATEGORY

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

ホーム»  ブログ記事一覧»  第12回 八意思兼神»  第12回 八意思兼神

第12回 八意思兼神

第12回 八意思兼神

八意思兼神

昔、大工の弟子は修行中に失敗しますと、親方に曲尺(指金)でピシャリと叩かれました。

四国、香川の名工、香川量平棟梁は、『二度と失敗するな、曲尺の神様は大変頭が良く、数字に強い神様だが、非常に短気で怖い神様だから、お前が失敗すると怒って、私の手を使いお前を叩かれる』といって、大工の三種の神器のひとつ、曲尺の神様について親方から教わったそうです。2年程前、八雲村の熊野荘で御一緒した折、私に話してくださいました。

曲尺の神様は、『八(や)意思兼(ごころおもいかねの)神(かみ)』と言い、聖徳太子が百済の国より導入しました。そこで大工や木挽きなど木を扱う職人は、太子さんといって、聖徳太子を神としてお祭りしています。

八意思兼神

2021-01-18 10:41:00

第12回 八意思兼神   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

お問い合わせ

気になる点がございましたら、
お気軽にご連絡ください。
業務用などのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ先:こびき屋

営業時間 9:00~18:00 / 定休日 日曜日