材木・無垢材・建築材料の通販ならぜひご利用ください

CATEGORY

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

ホーム»  材木をお求めの方へ»  ヒノキ木材を使用したダイニングテーブルの魅力・デメリットとは?

ヒノキ木材を使用したダイニングテーブルの魅力・デメリットとは?

ヒノキ木材を使用したダイニングテーブルの魅力や注意点を解説!

長持ちするダイニングテーブルが欲しい方は、木材にヒノキを使用したものがおすすめです。ヒノキは耐久性が高いうえに、耐湿性や耐水性に優れている特徴があります。着色がしにくい点は注意が必要です。

こちらでは、様々な樹種の板材やテーブル板などを取り扱う株式会社こびき屋が、ヒノキのダイニングテーブルの魅力とデメリットを解説します。

検討中の方はぜひチェック!ヒノキのダイニングテーブルの魅力・デメリットとは?

ヒノキの板とふきん

ヒノキのダイニングテーブルはおしゃれで香りや色が良く、自然を感じられる家具です。多くの魅力がヒノキのダイニングテーブルにありますが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。こちらではヒノキのダイニングテーブルの魅力とデメリットをご紹介します。

ヒノキのダイニングテーブルは魅力が多い

様々な家具に加工されるヒノキですが、ダイニングテーブルにすると、どのような魅力があるのかご存知でしょうか。ヒノキのダイニングテーブルの魅力を3つ解説します。

ヒノキのダイニングテーブルの魅力1.耐久性がある

ヒノキは他の木材と比べて耐久性が高いだけでなく、長年使用しても耐久性が落ちにくい特性があります。寿命も長く、加工品としてよく使われるスギの寿命は500年程度ですが、ヒノキの寿命は伐採後2000年程度です。耐久性が高く劣化しにくいことから、一度ヒノキのダイニングテーブルを購入すると長く使用できます。

ヒノキのダイニングテーブルの魅力2.湿気に強い

ヒノキは耐湿性があるため、湿気に強いことが特徴です。木材は湿気が多いと水分を吸収することで膨張し、湿気が少ないと水分を放出することで収縮します。この伸縮時に木材が変形し、反りや割れが生じることがありますが、ヒノキはこの変形に比較的強い特徴があります。また、耐水性が高く腐りにくい特徴もあるため、キッチンやダイニングなど湿気の多い場所でも安心して使えます。

ヒノキのダイニングテーブルの魅力3.香りが良い

ヒノキにはα-ピネンやヒノキオールなどの香り成分が多く含まれており、香りが良いことが特徴です。ヒノキの香りはリラックス効果があるため、アロマなどにも利用されています。また、ヒノキには嫌な臭いを軽減する効果もあり、ヒノキの家具があるとより快適に過ごせます。ダイニングテーブルだけでなく、リビングテーブルに導入するのも良いでしょう。

ヒノキのダイニングテーブルのデメリット

こちらでは、ヒノキのダイニングテーブルのデメリットを解説します。ダイニングテーブルは長く使うため、購入に失敗しないようにデメリットをしっかり確認しましょう。

ヒノキのダイニングテーブルのデメリット1.高価

ヒノキは伐採までの育成期間が長いことや、建築木材として優秀なため需要が高く、他の木材と比較して高価です。また、同じヒノキでも無垢材か集成材かで、価格が異なります。無垢材は、1本の木からそのまま必要な材料を切り出したものです。そのため木目が統一されており見た目が綺麗ですが、価格は高くなります。

集成材は、複数の木材を複数集めてつなぎ合わせた木材のことです。価格は安めですが、使用する接着剤や加工方法によって強度が異なる場合があります。品質によっても価格が変わるため、予算やどのような商品を購入するかを事前に決めておくことが必要です。

ヒノキのダイニングテーブルのデメリット2.着色が難しい

ヒノキは油分が非常に多いため、塗料が吸収されにくい木材です。多くの場合ヒノキの家具は着色されずに売られているため、そのままの自然の色合いを楽しめます。そのため購入後、ヒノキの色が部屋の雰囲気に合わないことから自分で着色しようと思っても、失敗する可能性が高いことに注意が必要です。特にヒノキのダイニングテーブルは高価ですので、購入前に必ず設置する部屋に合うかを確認しましょう。

ヒノキ木材の加工時のポイント

ヒノキはその柔軟性と加工のしやすさから、木工愛好家やプロの大工にとって非常に人気のある木材の一つです。しかし、ヒノキの特性を理解し、適切な加工方法を適用することで、その美しさを最大限に引き出すことが可能です。

ヒノキの木目を読んで加工

ヒノキ木材はその木目の美しさが特徴的で、木目の流れを読むことが加工の際の重要なポイントになります。木目には硬さのバリエーションがあり、これを見極めながら加工を進めることが求められます。特に硬い部分に挑む際には、ノコギリの刃が滑りやすくなるので、慎重にゆっくりと切断することが重要です。

また、鋭利な刃物を選ぶことで、力を入れすぎずともスムーズに加工することができます。ヒノキをカットする際には、木目と平行に切ることで、材木の割れを防ぎながら、加工の効率を高めることができます。

加工前の乾燥

ヒノキ木材は乾燥による収縮が顕著に現れる素材です。これを適切に管理することで、材木が反りや割れるのを防ぐことができます。加工前に十分な時間をかけて乾燥させることで、完成した作品の品質と耐久性を高めることができます。

丁寧な仕上げ作業

ヒノキはその滑らかな表面と美しい木目で知られています。カンナやサンドペーパーを使用して、細部にまで注意を払いながら丁寧に仕上げることでヒノキの魅力を最大限に生かすことができます。念入りなサンディング(研磨)作業を行うことで、ヒノキの表面はさらに滑らかになり、塗装や仕上げ材が均等に吸い付くようになります。これにより、見た目の美しさはもちろん、耐久性も向上させることができます。

防虫・防腐対策

天然のヒノキは、もともと虫害や腐朽に対する抵抗力がありますが、屋外での使用を想定している場合はさらなる保護措置が必要です。防虫・防腐剤を適用することで、ヒノキ製品の寿命を大幅に延ばすことができるため、長期にわたってその美しさと機能性を保つためには防虫・防腐剤を塗布することをおすすめします。

ヒノキのダイニングテーブルはじっくり検討して満足のいく商品を選ぼう

ヒノキのダイニングテーブルは、色合いや香りが良く自然を感じられます。また、一度購入すれば長期間使えるため愛着が湧いてきます。しかし、価格が高く着色が難しいため、購入時に注意する必要があります。
事前に利用目的やダイニングテーブルの形などのイメージを明確に持ち、メリット・デメリットを押さえたうえで購入を検討することが大切です。

なお、ダイニングテーブルとしての広さを確保するためには、二枚接ぎ(ブックマッチ)などの天板が選択肢として挙げられます。二枚接ぎは二枚の板を接ぎ合わせたもので、三枚接ぎや四枚接ぎなども販売されています。一枚板に劣らないデザイン性の高さが特徴です。

【ヒノキ木材】メンテナンス方法やお手入れ方法

ヒノキ木材は、その耐久性と美しさで知られていますが、適切なケアをすることでさらに長持ちさせることができます。

ヒノキ木材の日々のメンテナンスと定期的なお手入れのポイントをご紹介します。

日々のケア

ヒノキ木材の美しさを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが欠かせません。日常のお手入れでは、柔らかい布で柔らかい布を用いて定期的にほこりを拭き取ることから始めましょう。

水拭きはヒノキの木質を傷めることがあるので、なるべく避けてください。もし、汚れが気になる場合は、木材用のクリーナーを使って優しく拭き取ると良いでしょう。

定期的なケア

定期的なメンテナンスとして、ヒノキ木材には保湿が必要です。乾燥が進むと、木が縮んだり割れたりする原因となりますので、専用の木材用オイルやワックスを塗布して木の保湿を行いましょう。これは、木材を柔軟に保ち、表面の小キズを目立たなくする効果もあります。

オイルやワックスを塗る際は、まずは清潔な布で木材の表面をきれいにし、次に専用のブラシや布を使ってオイルやワックスを薄く均一に伸ばします。塗布後は充分に乾燥させることが重要で、これにより木材がしっかりと保護されます。

さらに、特に家具などのヒノキ木材で作られた製品に対しては、時々位置を変えることで、日焼けや色褪せを防ぎ、均一な風合いを保つことができます。また、対湿管理も忘れず、加湿器や除湿器を適切に使用して、室内の湿度を一定に保つことで木材を守りましょう。

これらのメンテナンスを心がけることで、ヒノキ木材の美しい見た目と、心地よい香りを長く保つことができます。

ヒノキのダイニングテーブルは耐久性が高く香りが良い

ヒノキのダイニングテーブル

ヒノキを使用したダイニングテーブルには、多くの魅力があります。例えば、耐久性や耐湿性、耐水性に優れていることや香りが良いことです。ヒノキは伐採後も耐久性が落ちにくい性質を持っており、寿命は伐採後2000年程度といわれています。また、湿度にも耐性があるため反ったり割れたりしにくいことも魅力の一つです。ヒノキは高価な木材ですが、耐久性が高いため適切にメンテナンスを行えば長く使い続けられます。

ヒノキのダイニングテーブルを自宅に置いて木材ならではの味わいを楽しみたい方は、株式会社こびき屋をご利用ください。無垢材のヒノキを通販で多く取り扱っています。1点ものが多く、素材にこだわってダイニングテーブルを選びたい方に最適です。その他にも、スギ材やイチョウ材、地松、桐材など様々な木材を取り扱っておりますので、何を選べば良いか迷われた方はお気軽にお問い合わせください。長年の経験と豊富な知識を活かし、お客様のニーズに合わせた最適な木材をご提案いたします。1点ものの無垢材を使用して、落ち着ける自分だけの空間を作りましょう。

ヒノキを使用したダイニングテーブルや木材のことなら株式会社こびき屋

ショップ名 こびき屋
会社名 株式会社こびき屋
代表 安達 研太
創業 昭和9年
設立 昭和44年
住所 〒699-0102 島根県松江市東出雲町下意東1636-1
TEL 0852-52-2233
FAX 0852-52-2234
メールアドレス info@kobiki.co.jp
ホームページURL https://www.kobiki.co.jp/
Yahoo!ショッピング https://store.shopping.yahoo.co.jp/kobikiya/
Instagram https://www.instagram.com/kobikiya_
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
事業内容
建築用木材の製材
取扱商品
建築用木材、建材、リボス自然健康塗料
資格
  • 一級建築士
  • 二級建築士
  • JAS認定工場
従業員
11名

お問い合わせ

気になる点がございましたら、
お気軽にご連絡ください。
業務用などのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ先:こびき屋

営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日