材木・無垢材・建築材料の通販ならぜひご利用ください

CATEGORY

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

ホーム»  材木をお求めの方へ»  無垢材はカウンターにおすすめ!無垢材を使用するメリットや無垢材の天板テーブルの魅力について

無垢材はカウンターにおすすめ!無垢材を使用するメリットや無垢材の天板テーブルの魅力について

無垢材をカウンターや天板テーブルに!メリットについて

天然の無垢材は1本の木から作られるため、唯一無二の存在です。その無垢材を使ったカウンターやダイニングテーブルは、重厚感や高級感があります。いつかは、無垢材のカウンターやダイニングテーブルが欲しいと、憧れている方も多いのではないでしょうか?

こちらでは、無垢材の魅力や使用するメリット、お手入れ方法などをご紹介いたします。

【カウンター】無垢材を使用するメリットとお手入れ方法

無垢材は高級感や存在感のある木材製品です。無垢材を使った家具が、いつかは欲しいと憧れる方も多いでしょう。無垢材は見た目のよさの他に、使用するメリットはあるのでしょうか。また、実際に購入するとなると、どのように手入れをすればよいのかなどの疑問も湧いてきます。

こちらでは、建材に無垢材を使用するメリットや無垢材を長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介いたします。

【カウンター】建材に無垢材を使用するメリット

無垢材を使った内装

そもそも無垢材とは、どのような木材製品なのでしょうか。まずは、無垢材について簡単に解説していきましょう。

無垢材とは、接着剤を使わずに製材している木材製品のことを意味します。1枚板も無垢材の一つです。一般的に販売されている木製の家具の多くは、何枚かの薄い板を重ね合わせて、天板を張り合わせて作られたものが多いです。

日本古来からの歴史的建造物は、天然無垢材を使用していることがほとんどです。例えば、「法隆寺五重塔」は約1400年以上も健在しています。そのことから、無垢材が耐久性のある木材製品ということは、誰しもが納得できるでしょう。

それでは、無垢材のメリットをご紹介いたします。

断熱性がある

木はコンクリートと比較すると、約12倍の断熱性があると言われています。その中でも無垢材は熱伝導率が低いので、周囲の温度に影響されにくいのです。そのため、冬は暖かく夏は涼しいというメリットがあります。

湿度を調節してくれる

天然の木は伐採後も呼吸を続けます。そのため、湿度が高い場合は無垢材が湿気を吸収しますので不快感を軽減するというメリットがあります。逆に、湿度が低い乾燥した空気のときには、無垢材から水分が放出されますので、冬の乾燥から守ってくれるのが特徴です。

経年変化を楽しめる

無垢材は、時間が経つほどに木の風合いが増してきます。合板の木材や他の建材ですと、経年とともに天板が剥がれたり劣化したりしてきますが、無垢材は劣化とは違い経年変化や味わいを楽しむことができるのです。

身体に優しい

住宅の建材は、無垢材以外は接着剤を使用します。接着剤は自然の素材ではないため、多少なりとも有害物質を発生させることとなります。そのため空気が汚染されることとなり、ひどくなると頭痛や吐き気、目の不具合を引き起こすことがあるのです。その点、無垢材は接着剤を使用せずに製材するので、身体に優しいと言えるでしょう。

【カウンター】無垢材を長持ちさせるお手入れ方法

無垢材の木目

無垢材を使ったカウンターやダイニングテーブルは、憧れはあるけどお手入れが難しそうだと思う方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、無垢材を長持ちさせるお手入れ方法をご紹介していきます。

ウレタン塗装のお手入れ

無垢材のお手入れ方法は、塗装方法によって異なります。まずは、ウレタン塗装のお手入れからご紹介していきましょう。

ウレタン塗装とは合成樹脂を主成分とした、無垢材の表面に膜を張るような塗装のことです。光沢がよく見た目にも美しい他、耐水性に優れていますので、カウンターやダイニングテーブル、フローリングなどの塗装としても使われています。

また、硬くて耐摩耗性があることから塗り替える必要がありません。しかし、傷が付いてしまうと目立ちやすいのと、無垢材の表面質感が変わってしまうことには注意をしましょう。

日常のお手入れ方法は、乾いた布などで拭き掃除をします。落ちない汚れの場合は、中性洗剤を薄めたものを使い、固くしぼった雑巾などで拭いてください。

注意点は、中性洗剤以外の洗剤を使わないことです。また、雑巾は必ず固くしぼり、できるだけ水分が残らないようにしましょう。水分を多く含んだ雑巾で拭いてしまうと、板が反ってしまったり割れてしまったりする原因となりますので注意が必要です。

自然塗装のお手入れ

自然塗装とは、天然油脂を使って仕上げた塗装のことです。木の質感が残り、傷が目立ちにくいのが特徴です。しかし、塗料を表面から内部に染み込ませる塗装のため、膜を張るウレタン塗装と比べると汚れが付きやすく、定期的な塗り直しも必要になります。

日常のお手入れは、乾いた布で拭きます。汚れが落ちない場合は、固く絞った布や専用のワックスクリーナーを使って汚れを落として、最後に乾いた布で拭き取ってください。ワックスをかける際は、塗装の際に使ったものと同じメーカーのワックスを使用しましょう。ホームセンターの市販のワックスをかけると、毛羽立ちやシミになることがありますので注意が必要です。

【カウンター】ダイニングに無垢材を活用しよう!種類と魅力を解説

家の建材に無垢材を取り入れるなら、まずはカウンターやダイニングテーブルがおすすめです。

こちらでは、ダイニングに無垢材を活用する際に知っておきたい、無垢材の種類と魅力についてご紹介いたします。無垢材の節の程度についてもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

【カウンター】無垢材の節の程度と種類

無垢材の節

無垢材を選ぶ際に、節の程度で選ぶことは多いです。実際、節がまったくない無垢材は、ほぼないと言ってもよいでしょう。こちらでは、無垢材の節の特徴や程度についてご紹介いたします。

節とは

節は、枝が生えていた箇所です。垂直方向に伸びていく幹に対して、枝は葉で光合成をするため水平方向に伸びていく特徴があります。無垢材は幹から製材しますが、その製材した際に枝の断面が表面に現れることになります。これを節と言います。

一般的に、無垢材の多くには節があります。節のない無垢材は植林から成長過程に渡るまでの手入れや自然現象はもちろん、丸太の選別から加工に至るまで様々な条件が必要です。そのため、節なしの無垢材は節ありの無垢材と比べると、価格が高くなります。

また、節の程度も異なります。パイン材などの針葉樹は表面に小さな節が多くなり、ウォールナットなどの広葉樹は節の数は少ないですが大きくなるという特徴があります。

一口に無垢材と言っても、それぞれ全く表情が異なってくるのが、無垢材のよさであり唯一無二のものです。

節と強度の関係性

「節が多いと、節の周りから板が割れてくるのでは」と心配される方も多いですが、強度の劣化は基本的に小さいです。ただし、節が抜けて穴が空いていたり、組織が周囲と離れている「死(しに)節(ぶし)」になっている場合は、パテなどで補修することも考えましょう。

節の風合いを楽しむ

一昔前は、節を欠点としてとらえ、できるだけ節のない部分を使うことがよしとされていましたが、現在では、節の風合いを好む方が増えています。

節がある無垢材を選ぶ際は、無垢材の醍醐味である、唯一無二の風合いを楽しんで選びましょう。

【カウンター】無垢材の天板テーブルの魅力

無垢材の天板テーブル

近年人気となっているのが無垢材の天板テーブルです。ダイニングテーブルと言えば、ご飯を食べる場所というイメージですが、在宅で仕事をする機会が増えたことから、よりおしゃれなダイニングテーブルが欲しいという風潮が高まっています。

また、無垢材を使ったカウンターも人気が高いです。フレームをDIYして、無垢材の天板を乗せて作ったカウンターをワークスペースにするなど、無垢材の天板の需要も高まっています。

こちらでは、天板テーブルと無垢材の魅力についてご紹介いたします。

天板テーブルに使われる無垢材

無垢材は、巨大な1本の木から取り出した木材製品です。ダイニングテーブルの天板にする場合、約100cm以上の巨大な木から取り出す必要があります。しかも、その木の内部が空洞になっていたり、途中にひび割れがあったりする場合は使用できる箇所が少なくなります。そのため、無垢材で作られた天板は貴重で、価値があるのです。

また、1枚板として使用される木の樹齢はおおよそ200〜300年となります。木の持つ年輪や風合いは独特の魅力があり、様々な人がその魅力に惹きつけられるでしょう。

使うほどに味わいが深くなるのも、無垢材の天板テーブルの魅力です。お手入れ次第では一生使えますし、子どもや孫の代まで引き継げる家具でもあります。

唯一無二の形

無垢材の天板テーブルは、天然の木から取り出します。天然のままの形を生かしたものや、成形されたものまで様々ですが、全ての無垢材に言えることは唯一無二だと言うことです。成形されていない無垢材の天板では、なおさらでしょう。

和にも洋にも映える

1枚板の天板と言えば、和室の座卓というイメージを持つ方も多いでしょう。そのイメージどおり、木の風合いは和室にマッチします。しかし、それだけでなくログハウス風や洋風のインテリアにもマッチするのが無垢材の魅力です。無垢材のカウンターやダイニングテーブルは、洋風の家にとても映えるでしょう。

カウンターやダイニングテーブルにおすすめの無垢材は通販でチェック

こちらでは、建材に無垢材を使うメリットや魅力をご紹介しました。近年では、在宅勤務や巣ごもり需要もあってか、無垢材を使ったカウンターやダイニングテーブル、天板テーブルなどが人気です。DIY用に好んで選ぶ方もいらっしゃいます。

木材通販の株式会社こびき屋では、杉板や桧板、松板の無垢材を扱っています。杉材や桧材、栗材などの木材も豊富に扱っていますので、無垢材を通販でお探しの方はお気軽に株式会社こびき屋の通販をご利用ください。

無垢材を通販でお探しなら株式会社こびき屋へ

ショップ名 こびき屋
会社名 株式会社こびき屋
代表 安達 研太
創業 昭和9年
設立 昭和44年
住所 〒699-0102 島根県松江市東出雲町下意東1636−1
TEL 0852-52-2233
FAX 0852-52-2234
メールアドレス info@kobiki.co.jp
ホームページURL https://www.kobiki.co.jp/
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
事業内容
建築用木材の製材
取扱商品
建築用木材、塗料
資格
  • 一級建築士
  • 二級建築士
従業員
11名

お問い合わせ

気になる点がございましたら、
お気軽にご連絡ください。
業務用などのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ先:こびき屋

営業時間 9:00~18:00 / 定休日 日曜日